ホワイトセージ or パロサントで部屋を浄化しよう!

セルフワーク

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

今回は、お部屋を浄化して運気を呼び込もう!ってことで、部屋を浄化する方法として、いろいろある中から、ホワイトセージ(香草)とパロサント(香木)による浄化について書きたいと思います。

部屋の空気が重い、淀んでるとか、最近パッとしない、風向きを変えたい!って方は、部屋を浄化して気分一新しちゃいましょう。

空気っていうのは目に見えないのであんまり気にしないですが、水といっしょで空気も淀むものです。淀んだ空気の中にいると、そこに生きるわれわれ人間も知らず知らずのうちに影響を受けてしまいます。ですが、日頃からちょくちょく浄化していれば、なんとなく気持ちが軽くなり、新鮮な気分になれ、頭もスッキリするものです。

もちろん、部屋を整理整頓するとか、掃除する、空気を入れ替える、不要なものを捨てる、な〜んてのは通常行うべき当たり前のことなので日頃からやっておきたいですね。

それにしても、匂いって波なのか粒子なのでしょうか、いつも不思議に思います。ただひとつだけ言えることは、匂い(臭い)も波動であって、波動の高い匂いは波動の低い邪気を払い、場所を清めたりすることはあるようです。

では、さっそくいってみましょう。

スポンサードリンク

【その1】ホワイトセージによる浄化

white-sage-2016-9
(画像:Rakuten

スピリチュアルな人なら誰でも知っているであろう浄化アイテムといえば、まずはホワイト・セージでしょう。肉料理やなんかにもよく使われるハーブでもあるセージですが、ホワイトセージは、ネイティブ・アメリカンなどによって昔から聖なる清めの香草として神聖な儀式で燻されてきました(下記イメージ)。

smudging9999
ネイティブ・アメリカンは、このように、アワビの貝殻(アバロン・シェル)に水晶のさざれ石を入れ、ホワイトセージを燻した煙を鳥の羽で扇ぎながら、地球と繋がり、自然に感謝と祈りを捧げ、対象物を浄化します。(このことをSmudging、スマッジングと呼びます)。そしてそれらは、下記のように自然の四大元素を表しているといわれます。(諸説あります)

アバロンシェル 水
水晶のさざれ 地
セージを燻すこと 
鳥の羽で扇ぐ 

日本では、ホワイトセージは、主にパワーストーンの浄化で使われることが多いですよね。ストーンを煙にくぐらせるってやり方。もちろん、ホワイトセージには強烈な浄化力があるとされるので、パワーストーンの浄化にももちろん有効です。ただ、それだけではもったいないです。部屋のネガティブエネルギーの浄化にも使える高貴な植物なのですから。

僕はホワイトセージの匂いが好きです。スッキリ爽やかな香り、それでいてしつこくなく、衣服についても全然イヤじゃない。そのままでもいい香りがします。下記画像は香炉でホワイトセージを焚いているところ。火をつけて吹き消せばさわやかな香りの煙が立ちのぼる。少しの葉っぱでもかなりの匂いが立ちこめるのがスゴいよね。これを持ちながらトイレやキッチンなどにも行って、また、玄関でも靴箱の扉を開けて邪気を払います。

white-sage-02

とりわけ僕は、アメリカ中西部の聖地・セドナ産がお気に入りです。これを燻しすことで、セドナのヴォルテックスと繋がるイメージで。。。

bellrock2016
(画像:DREAM SEDONA

▼こちらはリーズナブルで超オススメ!

スポンサードリンク

シェアする
takumiをフォローする
One

コメント