映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』を観て・・・

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、takumiです。

先日、渋谷の小さな映画館「UPLINK」で、「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」というドキュメンタリー映画を見てきました。

ちなみに、その日は2016年9月9日、999の目出度い日であった。また、一年に一度木星が移動する日で、おとめ座からてんびん座に移行した日である(詳細はこちら)。

ま、それはどうでもいいんだけど、この映画、タイトルを聞くだけではあんまりわからないんだけど、砂糖の危険性糖質制限の重要さについて世に訴えかける映画です。自分も今、小麦類をほとんどやめていたり、砂糖や果糖などの甘いもの全般を避けていて、最近になって本格的に糖質制限しようと思っていた矢先の映画だったので、最終日に駆け込みで観に行ったわけです。

映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』作品情報

まずは、この映画がどんな映画かということで、作品情報です。

sugar-blues-2016
(C)GOLDEN DAWN

『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』(原題:Sugar Blues)
2014年 82分 チェコ
監督:アンドレア・ツルコヴァー
主演:アンドレア・ツルコヴァー
配給:T&Kテレフィルム
公式HP:シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ

この映画は、チェコ共和国出身の女性ドキュメンタリー映画作家である、アンドレア・ツルコヴァーが、自らの行動をカメラで追ったセルフ・ドキュメンタリー映画です。

タイトルの「シュガー・ブルース」は、1975年に出版された「SUGAR BLUES(ウィリアム・ダフティ著)」(邦題:砂糖病〜甘い麻薬の正体、1979年 現在絶版)という本からインスパイアされたものだろうが、40年以上前に刊行されたこの本は、初めて砂糖の危険性を世に訴えた内容となっており、著者のダフティは、自身が砂糖中毒の重症患者であり、そこから抜け出し、完全穀物と野菜のみの食生活に至るまでを綴っている。

本書は、マクロビオティックの提唱者である、日本人の桜沢如一(海外名:George Osawa、僕と同じ和歌山県新宮市出身^^)の影響を受けているといい、長年ベストセラーとなっているらしいが、残念ながら日本では絶版中である。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ注意)

sugar-blues-1
(C)GOLDEN DAWN

この映画を撮るきっかけとなったのは、監督・主演のアンドレア自身が3人目の子供を妊娠した時、妊娠糖尿病(下記リンク参照)と診断されたこと。生まれてくる子供に及ぶ影響を心配し、砂糖絶ちの生活を決意する。文字通り、一切の砂糖を摂取しないということだ。

妊娠糖尿病の「6つの症状」とは?「4つの赤ちゃんへの影響」と治療方法

sugar-blues-2
(C)GOLDEN DAWN

ところが、いざ砂糖絶ちを始めてみると、いきなりその難しさに直面する。スーパーに買い物に行っても、加工食品や清涼飲料水にはほとんどすべて砂糖が入っている。というか、この映画では主に精製された白砂糖のことを中心に語られているイメージだが、糖質制限に造詣の深い方ならご存知だろうが、砂糖に限らずとも、ブドウ糖、果糖、乳糖、麦芽糖、でんぷん由来のコーンシロップ、アステルパームなどの人工甘味料等、、、これらを全部食生活から排除しようとなると、食べるものがなくなっていくほど。上の写真でもわかるし、日本でもそうだが、毒々しいまでに派手なパッケージの砂糖入り食品が棚一面に売られている。それら全部の摂取を控えるのが本当の「砂糖絶ち」なのだ。外食はまず無理だろう。

ちなみに、アンドレアの母国、チェコ共和国は、あのドイツを押しのいて、ビールの国民一人当たりの年間消費量世界一なのだそう。ご存知のとおり、小麦が原料のビールも「糖質」がふんだんに含まれていますから何とも皮肉ですね。

sugarblues-8
(C)GOLDEN DAWN

やがてアンドレアは、息子を無事出産するのだが、どうも発育面で上の子の2人と違うと感じ、不安に苛まれる。

そこで、砂糖の過剰摂取は本当にいけないのか、いけないとしたら何が問題なのか、といったことを探るために、ビデオカメラ片手に5年間、8カ国に渡る取材を敢行する。医師や科学者、WHO職員、政治家、糖尿病患者、シュガーフリー啓蒙活動家などをインタビューし、砂糖の歴史を紐解きながら、砂糖を大量に世に送る多国籍企業や医療業界、政治家との関係で多大な利益を生み出している「砂糖業界の闇」を知ることになる。

sugar-blues-3
(C)GOLDEN DAWN

気になったインタビューを何個か抜粋すると、下記のとおり。

「砂糖は麻薬のように体を蝕む。でも人は、砂糖の安全性を信じて疑わない。」

「砂糖は血糖値をジェットコースターのように急上昇・急降下させる。」

「肥満や糖尿病が急激に増えたのは、砂糖の過剰摂取をはじめとする食習慣の変化がもたらしたものである。」

「砂糖はADHD(注意欠陥・多動性障害)や統合失調症、アルツハイマーなど、様々な脳疾患のリスクをもたらす。」

「不適切な食事は、パーキンソン病や自閉症、ぜんそくなど免疫系の異常をもたらす。」

「心疾患の本当の原因はコレステロールではなく、高血糖だ。糖質の過剰摂取が血管を傷つける。」

「食品メーカーは、何十年も前から、宣伝文句と原料を巧みに操作してきた。」

映画「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」より。

砂糖の過剰摂取は、イコール肥満や糖尿病だけなんかではなく、さまざまな脳疾患、心疾患、アレルギー疾患、精神疾患など多くの病気に関わっているのがわかってきている。

しかしながら、巨額の資金でロビー活動に励む多国籍企業や医療業界などのせいで、まったくと言っていいほど「砂糖が危険だ」などという報道はされないのが現状だ。これは欧米でも日本でもそうである。

sugarblues-6
(C)GOLDEN DAWN

そうして、砂糖抜きの生活を始めた家族は、「SUGAR CAN KILL(砂糖は人を殺せる)」といった過激なプラカードを持って街なかに繰り出し、人々にビラを配ったりデモを行う。

また、同じメッセージのシールを自作して、お菓子や加工食品の並ぶスーパーの商品棚などにベタベタ貼っていく。(ここらへんは、過激すぎてついていけないのだが…)ま、ユーモアのつもりなのかもしれないが。

sugarblues-7
(C)GOLDEN DAWN

sugar-blues-africa
(C)GOLDEN DAWN

アフリカの難民キャンプを訪問したツルコヴァー監督だが、アフリカというところは、先進国が入ってきて豊かな土地を奪い取り、痩せた狭い土地に人々を追いやった。やがて人々が飢えれば、今度は支援物資として砂糖がふんだんに入った食品が投入され、多くの人々は今、健康を害しているという。なんということだろう。

sugarblues-5
(C)GOLDEN DAWN

最後は、野菜や完全穀物、キノコなどが食卓に並ぶ(たしか肉や魚もなかった気がするが定かではない)、マクロビオティックな食生活になる。子供はおとなしくなり、物事に集中出来るようになったという。そして、癇癪を起こすことが減り、体調を崩すことも少なくなったとも。子どもたちも砂糖抜きの食事に慣れたのか、生の野菜やなんかでもとても美味しそうに食べていた。

最後の写真だが、1969年にアムステルダムのホテルで行われたジョン・レノンオノ・ヨーコの平和イベント「ベッド・イン」のパロディというか、オマージュとなっている。

これは、ツルコヴァー監督の次のメッセージが込められたものである。
「シュガー・フリーは、誰もが自分の食卓で始めることができる無欠の革命」

andrea-culkova
(出展:e Newspeak

スポンサードリンク

まとめ – – – 妊婦さん、お母さん、糖質制限初心者には必見映画です。

この映画を撮るために、2009年に取材を始めたということだが、その時には「糖質制限」はまだ馴染みがない言葉だった。そういう意味では、先駆け的な映画なのかもしれないが、2016年になった今では、糖質過剰摂取の危険性はどんどん広がりつつあるので、映画がいまいち物足りなく感じてしまうのも確かだ。

前にも書いたが、砂糖の過剰摂取イコール肥満や糖尿病だけなんかではなく、さまざまな脳疾患、心疾患、アレルギー疾患、精神疾患などに関わっているということなんです。

特に子供にはあまり、砂糖や果糖など糖類を摂らせないほうがいいと思います。ジュースなどの清涼飲料水も。やがて味覚が麻痺して本当の素材の味を舌が感じなくなり、本来の野菜などの味を知らずに育ちます。血糖値の乱高下による躁鬱症状で、キレやすい子になります。砂糖で味付けしていなくても甘いモノは新鮮なフルーツなど、他にたくさんあります。

砂糖はコカインより中毒性があるとも言われます。小麦粉やうま味調味料など、白い粉はやめておいたほうがいいと思います。テレビCMなどのイメージ戦略に騙されないで下さい。スイーツ特集をする雑誌やテレビ番組を疑って下さい。

だるさなどの不定愁訴や訳のわかんない病気になるのは、糖質に限ったことではないにしろ、食べ物に大きな原因があるのです。加齢によるものだと思わないで下さい。

砂糖は麻薬です!甘いものが食べたい!炭水化物が食べたい!と思うのは、中毒だからなんだと気づいて下さい。

大成する人は総じて粗食であったことを思い浮かべてください。スポーツで言うなら、サッカーの長友選手やテニスのジョコビッチ選手も「食」に重きを置いています。サッカーもテニスも、相当なエネルギーを長い間侍読しなければならない過酷なスポーツです。そのことから、小麦などの糖質を控えるのには意味があるということがわかりますよね。

炭水化物や砂糖などの糖類をもっともっと控えてください。甘いモノだけが糖質ではありません。炭水化物から食物繊維(ふすまなど)を取ってしまった白米や小麦粉も完全な糖質ですから。また、エネルギーとなるのは糖類だけではないのです。糖質を抜いたからって、エネルギー不足にはなりません、ケトン体が活躍してくれますから。また、野菜や果物だって手放しで喜べません。品種改良という名の糖度UPを年々されていっていますので。

何に糖質がたくさん含まれているかを今一度考えて、スーパーに行く必要があるようです。国や自治体に対策を求めても無駄です。われわれ国民一人ひとりが情報を集め、コミュニティぐるみで共有する必要があるのです。SNSで拡散することもね。

・・・とまあ、熱くなってしまいましたが(笑)、この映画は、糖質の怖さを教えてくれる第一歩となる映画です。

「甘いもの、スイーツだ〜いすき!」なんてことを言っている人たちや、ラーメン、パスタ、パン、うどん、ピザ、ご飯ものを毎日たっくさん食べる人、あと、妊婦さんやお母さん、ダイエット中の方にも是非観てもらいたい映画であることは間違いないです。

最後に、『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』の公式ホームページとフェイスブックのリンクを貼っておきます。上映スケジュールもあるので、興味がある方は劇場に足を運んでみてください。

『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』公式HP
sugar-blues-official-hp
上映スケジュール

『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』facebook
sugarblues-facebook

※フェイスブックやツイッター、ブログでシェアしてくだされば励みになります。よろしくお願いしますm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

あわせて読みたい

ピックアップ記事

  1. 海水の塩分バランスに学ぶ、カラダにいい塩の選び方

    はじめに こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。ご縁に感謝です。…
  2. カラダにいい塩、悪い塩。とっても大事な塩の話

    はじめに こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。ご縁に感謝です。…
  3. 神様に好かれた偉大な発明家、政木和三博士の奇跡の話

    はじめに こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。ご縁に感謝です。…
  4. 海洋ゴミ問題待ったなし!今すぐ立ち上がろう!・・・の話

    スポンサードリンク はじめに こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがと…
  5. 危険?それとも安全?身の回りに溢れる界面活性剤の話

    はじめに こんにちは、takumiです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。ご縁に感謝です。…

Follow me

facebook

twitter

google+

feedly

rss-feed

カテゴリー

アーカイブ

サイトマップ

お問い合わせ

mail-form0707

スマホでもどうぞ

Oneスマホ
ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ