『引き寄せの法則』とは、波動の共振で実現させること!

vibration0628
LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

引き寄せの法則は波動の共振である。

みなさんも一度は『引き寄せの法則(Law of Attraction)』という言葉を耳にしたことがあると思います。『思考は現実化する』というやつです。
○○が欲しい!とか誰々と付き合いたい!とかいう願望を実現させるにはどうすればと思い、僕も20歳位の頃からこのことについて書かれた本とかを読んではいろいろ思考をめぐらしてきました。だが、イマイチわからなかったし、引き寄せられなかったような気がする。
やがて年月が過ぎ、ここ数年でわかったことは、引き寄せの法則とは、単なる波動の共振だったってことなんです。それからは必要な物はすべて手に入ってきています。

今回はそんな『引き寄せの法則』について、そのメカニズムを紐解いてくわしく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

波動とは何か

引き寄せの法則とは波動の共振だ、なんていってもピンとこない方のために『波動』とは何かを簡単に説明しましょう。波動とは、波の形をして振動することです。宇宙のすべては波動で出来ています。例外はありません。目に見える見えないにかかわらず全てがです。動植物や鉱物などもミクロで見ていくと細胞の一つ一つが振動しています。プラスチックやビニールのような工業製品でさえもです。これだけではありません、電磁波、光や電波も波、音(声)も波、放射能も波、、、、とにかく宇宙のすべては波動なのです。エネルギーといってもいいでしょう。
さらに、目に見えないものの中でもっと言うと、意識や思いにも波動があるということ。そうです、思考や意識=波動だったのです。そして波動には、共振(共鳴)するという特徴がありますから、その思考や意識が何かに伝播し共振することでその波長(周波数)と合った何か(現象)を引き寄せるということなのです。

引き寄せの法則のメカニズム(波動の共鳴・共振)

tuning-fork-resonance0628
この絵のように、Aの音叉を叩くとBの音叉には触れてないのに音が鳴り出す。これが共鳴。
ただし、一方の音叉の周波数が違うと共鳴しません。

また、テレビやラジオの番組でも同じことが言えます。例えば、あなたはラジオの周波数を82.5MHzに合わせればNHK FM(東京)の電波が受信器(ラジオ)に共振してNHK FMの番組を聴くことが出来ます。当然、周波数(ヘルツ)を変えれば、違う放送局の番組を聴くことが出来ますが、これは波動(周波数)がラジオ(受信器)をとおして放送局の電波に共振している結果なのです。

この場合あなた=ラジオ受信器です。そしてあなたの波動=周波数、引き寄せる現実=放送局になります。あなた自身(ラジオ受信器)の波動(周波数)がいろ〜んな現実(放送局)の中からその周波数に合った現実を引き寄せているってことです。

例えば、あなたは今ラジオでNHK FMの番組を聴いているとしましょう。それはあなたがチャンネルで周波数をその局の周波数に合わせたからNHK FMの番組が聴けますが、それでも空気中には同時に、FMだけでもJ−WAVEやTOKYO FM、他にもたくさんの放送局の電波が飛んでいますよね。たまたまあなた(の受信器=ラジオ)がチャンネルをNHK FMの周波数に合わせたから、その電波(波動)に共振し、その局の番組が聴けているだけなんですよね。

これはパラレルワールド(並行現実)の話でもあります。同時にいろんな局の電波が飛んでいるのと同じで、いろんな現実が平行して存在しているのです。そんな、いろんな現実(放送局)の中から、あなたの波動(周波数)と共振した現実を引き寄せているのです。思い(思考)が宇宙空間に行き渡ると、あたかもそれは、水に小石を投げて起こる波紋(これも波動ですね)のように岸に着くと現実となって跳ね返ってきます。
これが『思考は現実化する』ということです。嬉しい事が起こったから喜ぶのではありません。喜びに満ちた状態でいるから嬉しい事が起こるのです。この順番を間違えないで下さいね。

実際に起こる現実は波動(周波数)によって異なる。

精妙で軽く高い波動はいい現実を、粗くて重く低い波動は悪い現実を引き寄せます。実際は宇宙にはいいも悪いも高いも低いもないのですが、3次元の地球に合わせて表現するとこのように言えると思います。この波動の違いについて表にしてみます。

精妙で軽い波動 粗く重い波動
愛、感謝、調和、喜び、ワクワク・ウキウキ、リラックス、創造、情熱、ハートで感じる、思いやり、平和、明るい気持ち 不安、恐れ、怒り、争い、妬み、嫉妬、依存、強欲、緊張、破壊、頭で考える、自分勝手、暴力、執着、暗い気持ち

 ・・・思いつくまま書いてしまいました(笑)。

あなたがもし、精妙で軽い波動を放つなら、その波長にあった「いい」現象を引き寄せます。人を寄せ付けます。逆に、粗く重い波動を放つなら、「悪い」現象を引き寄せます。それなりの人が寄ってきます。まさに『類は友を呼ぶ』ですね。
つまり、今あなたを取り巻いている現実、現象、状況、人は全てあなたが引き寄せたものです。誰のせいでもありません。すべてはあなた発信なのです。

人はよく、こう口にします。「神様はなんで僕(私)ばっかりこんな酷い目に合わせるのか」って。いやいや、神様はそんなことしませんよ。罰を与えたりはしません。あなた自身が勝手に引き寄せているだけです。たとえ不運に見舞われようともです。潜在意識であなたがそれを選んでいるのです。本来、宇宙には善悪の区別はありません。善悪の判断はしません。あなたの放った波動がエネルギーとなってあなたに流入しているだけなのです。

もし今ある現実がイヤなら、その粗く重い波動を捨ててください。離れてください。いやな会社を辞める人は年々増加しています。それだけブラックな企業が増えてきているのでしょう。政府が労働者に不利な法案を通せば通すほど労働者はいなくなるでしょう。それで結構だと思います。そうやってより良い現実を呼び寄せましょう。

えっ?会社を辞めたら収入がなくなって生活できないって?その不安な思いがまさに粗く重い波動なんです。それに見合った現実を引き寄せているだけなんです。我慢を続けると身体にもよくないですよ。なんとかなっちゃいますからビビらないで下さい。楽しいことや好きなことを小さいことからでもいいから始めて下さい。共感する人が集まるはずです。そうすればより楽しくなりますよね。ツイッターでつぶやくだけでもいいんです。同じ思いの人は必ずいますから。そして、いつも内なる本当の自分に相談して下さい。そして行動を起こせば、答えを導き出してくれるはずですから。

不安な気持ちで欲しがれば、「無いという現実」を引き寄せる。

けっして不安な気持ちで欲しがらないで下さい。というのは、その欲しがるという気持ちは“枯渇感の裏返し”ですので、無いという不安にフォーカスしてしまい、無いという現実を引き寄せるからです。たとえば、あなたはお金を欲しがっているとします。すると、お金が欲しい⇒無いから欲しい⇒無い事への不安⇒粗く重い波動に波長が合う⇒お金が無いという現実を引き寄せるってことなんです。もし、お金に困っているとしても決して不安にならないでください。欠乏感にお別れしてください。どうせ俺(私)は〜とか決して思わないでください。そして、勇気を持って下さい。開き直って明るく振る舞って下さい。楽しいことに没頭して下さい。そうすると、気づけばお金があるという状態になっていることでしょう。

それでも本当に切羽詰まった時・・・そんな時は、内なる自分に相談してみてください。「このままでは支払いが出来ないので○○代を支払わせて下さい!」と。本気で願えばなんとかなります!これは経験談で書いています。奇跡と思えるような方法で支払いが出来ちゃったということがあったんです。ここでは詳しくは書きませんが。

なのでもう一度言います。不安や恐怖を発露として欲しがらないで下さい。波動を上げることだけに目を向けて下さい。そうすれば必ず夢はかないます。

  • (生活に不安だから)お金が欲しい ⇒ お金がない現実を引き寄せる。
  • (寂しいから)彼女がほしい ⇒ 彼女がいない現実を引き寄せる。

スポンサードリンク

波動は集団意識となり、災害をも起こす力がある。

波動は全ての現実を引き寄せるということはわかっていただけたでしょうか。ならば、暗いニュースは見ないで下さい。テレビは毎日暗いニュースばかり流しています。NHK・民放問わずです。これは意図的だとしか思えません。自分には関係のないどうでもいい事件を朝から晩まで繰り返し流していたり、首都圏直下や南海トラフの巨大地震がくるとかやってます。ちょっと大雨が降ると、50年に一度の〜とか大げさに煽り立てます。もはやオオカミ少年になっていて滑稽ですらありますが(笑)。

また、9.11をはじめとした偽旗事件も数多く垂れ流しています。最近のほとんどのテロ事件は偽旗作戦でマッチ・ポンプです。恐怖や不安を煽って世界中の人々の波動を下げることによって、災害や戦争を現実化しようとしているのです。テレビでその映像を観た世界の大多数の人々が不安や恐怖を抱き、粗くて重い波動を発します。するとその粗くて重い波動が集団意識となり巨大なものとなると、現実に災害などをも引き寄せるパワーがあります。そしてそれは、そんな波動の法則、引き寄せの法則を知っている「ある組織」が仕掛けているのです。徐々に国民に気付かれ相手にされていないので見ていて滑稽ですが。。。

また、お金持ちはテレビを見ないという統計もありますが、時間の有効活用のほかにも、こんな「波動の法則」が関係しているのかもしれませんね。ですから、あまり関係のない暗いニュースばかり見て波動を下げないようにしましょう。

愛に溢れるマザー・テレサの波動

マザー・テレサは世界中の貧困のために一生を捧げました。僕はカトリック教徒ではないのですが、マザー・テレサが次のような言葉を言ったということで、とても心に響きました。

私は反戦運動には参加しません。ですが、それが平和活動なら喜んで参加します。

このことは、怖れや不安などのネガティブな感情を発露とした思いや行動はネガティブな現実を引き寄せるということを知っていた彼女だからこそ、この言葉が出たのだと思います。あからさまな反戦運動は「戦争」というものに潜在意識どころか顕在意識までもがフォーカスしてしまっていますので、「戦争」という現実を引き寄せていくのです。

もちろん実際に会ったことはないですが、マザー・テレサは決して目をつり上げたり拳を振り上げたりはしませんでした。いつも穏やかな笑顔で可愛らしい表情を浮かべ、愛に溢れていました。映像や写真で見るそんな彼女の慈悲深く愛情に溢れた表情や佇まいは、それだけで人々の心を癒やします。クリスチャンであろうがなかろうが。
mother teresa

愛の波動で人からもお金からも愛されよう! – – – まとめ

今回、引き寄せの法則=波動の法則だということで書いてきましたが、このことに関しては量子論やカルマの法則まで多岐にわたって関連しますので、いろいろと書きたいことが多すぎてまだまだ書き足りないのですが、今回はこのへんで。

結局、波動を上げることでより良い現実を引き寄せるのだと。楽しいことや好きなこと、得意なことに打ち込んでいれば、自然とお金は後からついてきます。いい仲間も増えるでしょう。

欲張らなければ、必要な物は必ず手に入ります!そして、受け取るときには、感謝し喜んで受け取ろうではありませんか。

・・・つづく。

※この記事が少しでもよかった、役に立ったと思っていただけたなら、フェイスブックやツイッター、ブログでシェアしてくださいm(_ _)m

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ