keep-high-vibration
LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

こんにちは、takumiです。

今回は、久々に波動について書いてみようと思います。日々、波動を高めて、出来ればそのままキープしたいものですよね。ですから、過去記事、波動を上げるためにやる6つのことでも書きましたが、波動を上げる方法と、それらを下げないでキープする方法を日々の習慣に照らし合わせて書いてみようかと思います。

波動・振動数・周波数とは?

はじめに「波動とは何か」の説明をさせてください。

僕たちは波動を上げるとか高めるという言い方をしますが、波動(バイブレーション)とは音や電波、光(色)のような周波数のことです。

さらに厳密に言えば波動とは、振動数のことであり、渦のように回っている回転運動のことです。エネルギーとも言い換えられます。それらが集まってすべてのモノのカタチを作っています。動物、植物、鉱物、空気、水、それこそ全てです。どんな精巧な顕微鏡でも見えない微生物やバクテリアの世界もそうです。

宇宙では、振動数の大きさによってどの領域にいるかを分けられます。地球上に住む人間は今、第4密度に移行しているところです。このことに関しては、こちらの過去記事をご覧ください。

全てはいろんな振動数の波動が組み合わさって出来ています。それらには固有の振動数があるのです。その振動数が大きいか小さいかで、波動が精妙とか粗いという言い方もします。振動数が大きければ水は蒸気(気体)となり、小さければ氷(固体)となります。

このように、目に見えるものから空気のように目に見えないものも全てが波動であり、一見何もないように見える空気中にもぎっしりと詰まっていて、スパイラル運動しています。振動しています。空気は無ではないのです。それどころかエネルギーの宝庫です。過去記事にも書いたとおり、フリーエネルギーなんです。また、食事を一切摂らずに生きる「不食の人」がエネルギーを得る「プラーナ」や、気功で言うところの「」などもこれに含まれます。

石ころだって振動しています。振動すれば音がします。人間には聞き取れないこの石ころの音を聞いた者がいます。観音様です。文字通り音を観ることが出来たのです。これは波動の故・江本勝さんが言っていたことですが。

波動が高い、振動数・周波数が高い、波動が精妙というのは、宇宙と調和のとれた状態です。極端に言えばそれらは美しかったり、豊かだったり、健康だったり、その他喜ばしい幸せな現象として我々の前に現れます。

反対に、波動が低い、振動数・周波数が低い、波動が粗いというのは宇宙との不調和な状態です。極端に言えばそれらは汚かったり、貧しかったり、病気だったり、その他人生がイヤになるような不幸な現象として現れます。

人間はは60兆個とも言われるほどの細胞から出来ています。その細胞一つ一つは原子であり、素粒子です。顕微鏡に映らないものも数多く存在します。それらも常に振動しています。それらが振動して絶妙な36度という熱エネルギー(体温)を生み出しています。これら微生物やミトコンドリアと呼ばれるものも波動なのです。

これら細胞のひとつひとつを宇宙と調和のとれた波動にして、周波数を高めることによって、素敵な現実を手に入れましょう。決して難しいことではありません。意識すれば誰だって簡単に出来ることです。

スポンサードリンク

振動数を上げるも下げるも意識次第

ひとつだけお断りしておきますが、波動が高いとか低いというのは人によって感じ方は千差万別であって、どれが良い、どれが悪いということではありません。ただ、音叉でわかるように、波長が合う・合わないはあります。共振共鳴の法則です。音楽でいうと和音と不協和音ですね。

なぜこういうことを言うかというと、どれが波動が高い、あるいは低いといったことで、それを気にしすぎることが不安に繋がり、一番波動を下げるからなんです。多少の波動の低いものでも、人間は大したもので、「意識」によってそれらを高めたり、無害化することも出来ます。これはスゴいことです。安心しましょう。

この地球上においては、人間だけが振動数を上げたり下げたりことが出来ます。例えば傷ついた地球を救うのも滅ぼすのも人間次第です。動物や植物、鉱物は何も出来ません。すべては人間の「意識」が波動を左右し、現実を作っていくのです。

人間、「信じきる心」さえあれば、奇跡を起こす力を持っています。人間は自分たちが考えてる以上にパワーを持っています。

振動数・波動を上げる方法

では、振動数を上げるには、波動を高めるにはどうすればいいのかを見ていきましょう。ちなみにこれらは人によってそれぞれではありますので一概には言えないということを前提に、おおまかに書いていきます。

【1】細胞がよろこぶ食事を摂る

まずはこれです。人間は肉体を持って生きています。その肉体を形作る顔や手足、脳や内臓、血液やリンパ液は何で出来ているかというと細胞やバクテリアで出来ています。細胞やバクテリアは波動ですから、細胞の喜ぶものを体内に入れる必要があります。健康あっての健全な意識ですから。

食べたいものを食べたらいいと思いますが、脳が欲しがるものより細胞が喜ぶものを食べましょう。いろいろな添加物によって人の味覚や脳神経は麻痺してしまっています。

食品添加物(人工甘味料・着色料・酸化防止剤・防腐剤・保存料・乳化剤・増粘剤・うま味調味料 etc.)や残留農薬、トランス脂肪酸油、遺伝子組み換え食品(GMO)などの、もともと自然界にないものが体内に入った時、細胞にとってはかなりの負担ですし、腸内細菌がこれらを消化するのに大変なエネルギーを消費します。

肉食はダメで、ベジタリアンはイイとかは言いませんが、肉よりも野菜や果物が腸にとっては優しいのは事実です。内なる自分である細胞たちに無駄な労力を使わせるのはやめて、発酵食品や酵素、食物繊維をたくさん含んだ野菜や果物を多く摂るようにしましょう。また、せっかく生命エネルギーをいただくわけですから、瑞々しいものや活き活きしたものをいただきたいですね。

一方で、今の日本ではこれらを全て食べるなと言っていたら何にも食べるものが無くなるほど添加物満載です。でも大丈夫!安心して下さい。ある程度だったら意識ひとつで無害化出来ます。気持ちの持ちようです。大丈夫だと思って食べたら本当に大丈夫です。プラシーボ効果ってネガティブな意味で使われますが、純粋にこれはポジティブな意味での効果ってことなのです。

なので、体に悪そうだから嫌だと思ったら食べないでください。食べるなら何でも美味しい美味しいと言って食べて下さいね。

波動を高める食べ物と、波動を高める食事の仕方(自己サイト)

【2】いつも笑顔で、いい気分でいる

「笑う門には福来たる」です。小難しい顔して波動がどうのって考えるより、笑顔でいることが一番です。笑顔でいる人の周りには自ずと人が集まってきますし、赤ちゃんの笑顔を見て腹を立てる人間はいませんからね。幸せ波動を発していますから。

いつも笑顔でいれば、ご機嫌さんで喜んでいれば幸せがやってきます。これが引き寄せの法則です。また、あなたの笑顔は多くの人を救います!気分よく毎日を過ごせるにはどうしたらいいかを考えましょう。

笑顔でいるから幸せな現実を引き寄せるのであって、幸せだから笑顔になるのではない。これが「思考が現実を作る」ってことです。すべては外にあるのではなく、自らの内から来るのですから。

で、何をやれば気分よくいられるかというと、バシャールが言うように、ワクワクすることや得意なこと、好きなことをやるってことでしょう。好きなことをするっていっても何も特別なことではなく、日常生活においてお気に入りの服を選ぶだとか音楽を聴くだとか、そういうことです。そうやって日頃から気分良くいることを心がけているだけで、やがて、好きなことをして生きていくとか、より大きなワクワクに繋がっていきます。生活のためにイヤな仕事で肉体的&精神的なストレスを抱えたまま我慢し続けているとロクなことがありませんからね。

下記動画を見て下さい。バシャールがわかりやすく説明してくれています。

好きなことをするのに理由は要りません。感情にまかせて余計なことを考えず、ケ・セラ・セラの気分でシンプルに、瞬間瞬間をワクワクすることをチョイスしていきましょう。すると波動が上がってシンクロニシティも増えていくでしょう!

さらに、斎藤一人さんが講演で、「振動数の上げ方、下げない方法」について面白くわかりやすくお話していますので是非、下記動画で御覧ください。

【3】細胞がよろこぶ言葉をつかう

言葉や想念も波動で、自分が発したものが返ってくるのが波動の基本原理です。ならば、日頃から返ってきてほしいような想念を発し、言葉をつかうのが波動を上げることとなります。ただし、信じる心が大切です。信じきった気持ちでアファメーションし、宇宙波動と同期しましょう。

具体的にどんな言葉を口にすればいいのか例を挙げると、たとえば斎藤一人さんが言うところの「天国言葉」ってやつです。

天国言葉
ありがとう、感謝します、愛してます、ついてる、嬉しい、楽しい、しあわせ、ゆるします、よかった、大好き、素晴らしい、おかげ様です、だいじょうぶ、褒め言葉

反対に、遣ってはいけない言葉「地獄言葉」は、、、

地獄言葉
殺す、死ね、うざい、バカ・アホ、悪口・文句、不平不満、愚痴・泣き言、心配ごと、憎しみ、ゆるせない

こちらの画像のように、一覧表を作って家庭や職場、トイレなどに貼っておくのはいいことだと思います。知らない人がまだまだ多いですし、自分もうっかり地獄言葉をつかわないように気付かせてくれますしね。

それにしても、中学を卒業してから働きはじめ、納税日本一にまで登りつめた斎藤一人さんのお話は面白く、腑に落ちるお話ばかりなので是非、YouTubeで観てください。

斎藤一人さん動画集(YouTube)

下記に、天国言葉のうちのひとつ、「ありがとう」を1000回リピートした動画を貼っておきます。なにかツラいことがあった時などは特に、自分も声に出して言ってみてください。

言葉のパワーは強大です。言葉を放つことで自らの肉体細胞をとおして宇宙にまで届きます。

ほかにも、マントラや真言、日本古来のあわのうたやいろいろな祝詞なども波動を上げるために活用していきたいです。

【4】「我、神なり」という想念を持ち続ける

言葉同様、我々の抱く「想念」というものも波動です。いまある想念や思考が池に投げ込まれた小石だとして、波紋が立って岸に到達した波紋が現実となって返ってくる、それが引き寄せの法則ですので、想いというものを大切に扱う必要があります。

こちらの過去記事でも触れた覚醒者・知花敏彦氏(故人)はこう言われました。

「我、神なり」と思い切ることです。 この時「我、神なり」 という思いは、最高のバイブレーション状態となり、 一秒間に1兆8000億回のバイブレーションが起こります。 神はそれだけ精妙であり、 人間の意識が高まるとバイブレーションが高まっていくのです。 意識が高くなるほど、高いチャンネルと合い、交流できるのです。 意識の低い人が、高いチャンネルと交流するということは有り得ないのです。

これは、神との分離意識、二極性(二元性)に囚われない生き方、手放す生き方を言い表していますが、肉体の自分が本当の自分ではなく、神意識とつながっている自分が本来の自分だと認識することが大事です。

知花敏彦さんはこうも言っています。波動の高め方というのは意識を高めること、だと。

このことを20年以上前に説いているのですからスゴいとしか言いようがありません。次のように声を発しましょう。

我は神なり、我は大霊なり、我は光なり、我は愛なり

意識を高め、理念・理想を持ち、四六時中、神を想うことが波動を高めることであって。自分と神、内と外、いい悪いや勝ち負け、正しいとか間違いとか二極に囚われている間は波動は低いままであるということです。

「我は神なり」とは、畏れ多いという方もいますが、それは神を自分の外にいると思っているからです。神は神社やお寺などにいるのではなく、神は常に自分の中に在るのです。

【5】瞑想で宇宙と繋がる

宇宙意識・神意識と繋がる唯一の方法は「瞑想」だと知花敏彦氏も説いています。瞑想とは神我に到達することであり、五感を沈黙させ、自我を沈黙させることで神人合一の境地に到達するのだと。

また、こちらの過去記事でご紹介した政木和三氏は、7秒間で息を吸い、7秒間お腹に溜めて、7秒間で吐くという腹式呼吸を毎晩1時間続けることで脳波がシータ波に下がり、数々の奇跡を起こしました。

さらに言えば地球の脳波と言われるシューマン共振波(7.83Hz)はシータ波であり、アメリカ人のヴァイアナ・スタイバル女史が開発したと言われる「シータヒーリング」というメソッドにおいても、脳波をシータ波にすることで「すべてなるもの」という神聖なスピリットに繋がるとされます。

瞑想とは、結局、脳波をシータ波に下げて大いなるすべてと繋がるということであり、その結果としてさまざまな奇跡だと思えることを成し遂げることが出来るのである。

毎日、20〜30分かけて瞑想をしましょう。やり方は次のとおり。

音のない静かな場所に座って目をつむり、鼻から空気を10秒ほどかけてゆ〜っくり吸って、10秒ほどお腹(丹田)に溜め込み、10秒ほどかけてゆ〜っくり吐く、その繰り返し。何も考えない。雑念が浮かんできたら無理に消し去ろうとせず完全スルーし、ただただ丹田腹式呼吸を繰り返す。イヤホンをしてYouTubeでシューマン共振波(バイノーラル・ビート)を聴きながらでもいいと思います。毎日続けること。ただし、希望を抱いて瞑想しないこと。低級霊を呼び寄せてしまいますから。

普段から息を深く吸うことを心がけましょう。病気の人は往々にして、息が浅いですから。

【6】適度な運動をする

運動するって、人間にとって非常に大事なことなんですよね〜。運動って言ってもハードなスポーツをしろって言ってんじゃありませんよ。人間の肉体は手足を動かし運動するようにできています。車に乗ったりエレベーターで移動するようには出来ていません。僕達の肉体の細胞は振動していますが、運動不足になるとそれらがだんだん滞ってきます。なので、歩けるところは歩いて、こまめに動くことで血液やリンパ液を循環させて、細胞の新陳代謝をして健康になるように努めましょう。

あと、「もう年だから…」とか、年齢に対する勝手な思い込みは捨てて、いつまでも若々しくいきましょう。波動が上がりますよ。

【7】自分=他人だと想って行動する

ココ、大事です。波動を上げるとは究極的には神意識に到達することです。他人を喜ばすことは自分を喜ばすことです。逆に、他人を傷つけることは自分を傷つけるとに他なりません。

波動が高いとは愛の波動ですので、常に愛をもって他人に接しなければいけません。たとえ嫌いなタイプの人間に対しても、憎んだり恨んだりしてはいけません。即自分に返ってきますから。

別に他人のために自分を差し出せって言っているのではありません。ちっぽけな我欲を捨て、人類のために役に立つことを目標に掲げ、高みに向かって生きていこうってことです。

そうすれば、創造主=大いなるすべてからの多大なる応援に気づくことでしょう。

【8】その他、波動の高いものと同調する

その他、補足として、波動を高めるために、波動の高いものと同調しましょう。

波動は共振共鳴しますので、普段から自分の波動に見合ったものを引き寄せます。類は友を呼ぶというふうに。なので、逆に、波動を上げたいと思ったらそのことを利用して波動が高いと思われるものを身につけたり近づけたりして波動の高いものと同調しましょう。

【その1】波動の高い音楽を聴く

波動が高くなるにつれ、音楽の趣味も変わってきたりします。iTunesで聴いていると一目瞭然です。ではどのような音楽が波動が高いかっていうと、趣味やセンスの問題なので一概には言えませんが、クラシック音楽は概ね波動が高いです。たとえばモーツァルトの曲をビニールハウス内で流すと、より美味しい果物や野菜が採れるという話も数多く聞きます。他にも、クリスタルボウルなどもいいですよね。

その中でもオススメは純正律音楽。今ある音楽はそのほとんどが平均律の楽器でつくられていますが、純正律音楽を聴くとやはり心地よく、初めて聴く楽曲でもいつの間にか聴き入ってしまいます。クラシック音楽の多くや賛美歌の代表とも言えるグレゴリアン・チャントやウィーン少年合唱団のハモりも純正律です。

あと、純正律で有名なのが、エンヤです。1988年のデビュー以来、世界中の第一線でヒーリング・ミュージック・アーティストとして活躍していますし、日本でも多くのファンがいますが、彼女の音楽に癒やされる人が多いというのも「純正律」の面から見ても頷けますよね。

ダーク・スカイ・アイランド (デラックス盤)
【その2】波動の高い場所を訪れる

波動の高い場所とは、いわゆるパワースポットとかゼロ磁場と呼ばれる場所がまず頭に浮かびますね。多くの神社はそういった場所に建てられていたりします。京の都や皇居なども風水的に見てもかなりの波動の高い場所に置かれていますし。ただし、ここで注意したいのは、神社仏閣には我欲をお願いしに来る方が多いので、そういう時は波動が下がっているということ。邪念が渦巻いていると言ったほうがいいかな。神社にかぎらず、依存するってことは波動が低いってことですから。

ちなみに、パワースポットで最近のオススメは福島県南相馬の円明院ですね。エネルギーがスゴいです。他には沖縄の斎場御嶽(せーふぁーうたき)とか。あと、巨石のある場所もいいですね。

あと、マイナスイオンがいっぱいの森や一面のお花畑など、自然の中も波動が高いですよね。心が洗われますしね。空気の美味しいところはそれだけで行く価値があります。ぜひとも木や草や花に話しかけて交流を図り、芝生や土に裸足で立ってグラウンディングアーシングしてみてください。

また、身近で言えば、高級住宅地は波動が高いです。その多くは高台にあります。イヤシロチってことですね。東京で言えば田園調布や成城、松濤に麻布台、白金台などは全部高台にあります。アメリカのビバリーヒルズもそうですよね。ヒルズって言うぐらいですから。芦屋や鎌倉もそうですね。僕はそんな静かで、小鳥のさえずりが心地いい高級住宅地を散歩するのが大好きです。波動が上がりますよ。気持ちいい空気を感じながら、波動の高さを肌で感じましょう。

【その3】波動の高い絵や写真を飾る

波動の高い絵や写真ってありますよね。美術館に行けばそういった絵画や写真や書に出会うことも多いです。もし、気になった(呼ばれている?)絵や写真があったら購入して、殺風景な部屋やトイレの壁に飾るのもいいでしょう。

また、写真好きな人なら自ら出向いて、たとえば富士山や花畑などの写真を撮って、それをプリントして額に入れて貼るだけでも心が豊かになれますよね。

【その4】波動の高いものを身につける

波動の高いものを身につけるとは、たとえば波動の高い植物、大麻(ヘンプ)100%で織られた服を着るとかです。ま、でも、基本的にはテンションの上がる服を着るというのがいいのかなと思います。

また、パワーストーンのブレスレットやネックレスを身につけるのもいいですね。ただし、これもあまりその効果を期待して石に頼る事のないようにしたいものですし、高価な波動グッズを買いまくるのも考えものです。

【その5】フラワーエッセンスで波動調整

フラワーエッセンス(レメディ)を飲むとかもいいと思います。フラワーエッセンスとは、花の波動を水やアルコール、お酢などに転写したもの。直接舌に数滴垂らしたり、飲み物に入れたりして飲用します。スプレー式のものもありますが。目的別に波動調整・・・是非とも、男性にも試していただきたいですね。

【その6】波動の高い人と付き合う

波動の高い人っていますよね、成功者みたいな。そういった人と付き合うと色んな面で勉強になるし、波動を高める近道ですね。身につけているものから出入りするお店、その他たくさんの有用な情報を得ることができます。

スポンサードリンク

波動を下げることを今すぐやめよう

最後に、波動を下げる習慣を見直すということを書きたいと思います。

現代社会は波動の低いものが満ち溢れています。これらを遠ざけることによって、自らの現実を波動の高いもので満たされればそれが理想です。

【1】テレビや新聞のニュースやワイドショーは観ない

今や波動が低めるものNo.1がテレビでしょう(笑)政治家や芸能人のスキャンダルや、殺人事件や事故、テロや災害のニュースばかりで、波動を下げる映像ばかり流しています。起こるとも決まっていない首都圏直下型地震や南海トラフ巨大地震が来る来ると煽り、恐怖を撒き散らす。また、テロや大きな事件の多くはマッチポンプ(自作自演)だったりします。9.11のようにね。

映像には活字や画像の何倍もの情報量がありますからね。そんな映像ばかりで国民が覚醒しないように敢えて波動を下げる情報を発信しているように、洗脳の道具と化しているようにも思えます。

テレビニュースを信じないで下さい。出来れば見ないで下さい。低波動に自分を同調させてる時間があったら、自分が嬉しくなるようなこと、ワクワクするようなものをネットなどで見たりして上げていきましょう。

【2】肉体エネルギーを削ぐ食品添加物などを摂らない!

先にも書いたとおり、食べもの、飲み物って大事ですよね。僕達の肉体を作っていますからね。ですので、なるべく添加物などの人工物を含まない、新鮮でナチュラルな素材を活かした手作りの、心のこもった料理をいただくようにしたいものです。

僕は医者でも何でもありませんが、やはり、不健康とは、血液などの体液のpHが酸性に傾くことだと思うんですね。だいたいの添加物や防腐剤など体に悪いとされているものは強酸性です。ジャンクフードやファストフードはもちろん、コンビニ弁当、タバコ、薬、ワクチン、植物油、遺伝子組み換え食品(GMO)など、他にもい〜〜っぱいありますが、保存料や人工甘味料・着色料・酸化防止剤・防腐剤・乳化剤・増粘剤・化学調味料など、人工的に作られた化学物質を含有する食品は振動数を下げますよ。

あとは電子レンジで温めたり調理するのもやめたいですね。とにかく、安いからといって、簡単で便利だからといって、これらを摂取することを出来るだけ止めにしたいです。

【3】波動の低い言葉を言ったり行動をしない

先にも書いたとおり、 殺す、死ね、うざい、バカ・アホなどの汚い言葉や悪口・文句、不平不満、愚痴・泣き言、心配ごと、憎しみ、ゆるせないといったネガティブな言葉をつかうと、即自分に返ってきます。言葉ほど大切にしなきゃいけないものはないですね。

あと、一見ポジティブに思える言い方「失敗しないようにやる」「風邪をひかないよう気をつけよう」「戦争反対!」「負けられない戦いがそこにはある」とか、ネガティブワードを含む言い回しは避けたほうがいいでしょう。ネガティブな部分にフォーカスしてしまいますから。同じ意味でも、言い方で波動が違ってきます。

他には、毎日暗い色の服ばかり着ないとか、黒色の上下でもせめて差し色で明るい色を入れるとか、色の波動も精神に影響を与えますからね。

ただ、人間だから悩むことや悪態をつくこともあるかもしれません。その時はしょうがありません、心の声ならね。たまには誰だってありますからね。ただ、一日中クヨクヨしてるとか、年がら年中ネガティブなことを思ってたり言ってたりすることが良くないってことです。

あと、まだ起こってもいない先の事を考えて悩むのはナンセンスですね。今ココだけの意識が大事なんですからね。

さらには、波動の低い場所に近づかないとか、波動の低い人との距離を置くとか、自分で合わないなと思ったらその心の声に従って行動して下さい。変な理屈や後付けの理由は無意味です。無視してハートの声だけを頼りに行動していきましょう。

【4】分離意識を捨ててワンネス意識で生きる

分離意識とは、宇宙(神)と自分との分離のことですが、もっというと、善悪や正邪、男女などです。どっちが正しいとか間違いとかは、見方の角度によって変わってきます。意味が無いのです。善悪などの二元性(二極性)に囚われているということでは振動数が上がりません。

また、もともと男性は女性から、女性は男性からたくさんのことを学ぶようになっています。このように違いを認め合うことが二元性の統合ということです。

第四密度のパラレルワールドに移行するためには、二元性に囚われないようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ – – – 何よりも自らの意識が大事!

いろいろと波動について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にひとつだけ大事なことを言わせて下さい。

今のご時世、閉塞感が蔓延しています。日本人は行くとなったら全員が力を合わせることが知られていて、それらのパワーを閉塞感によって打ち消されています。マスコミなどの報道によって国民が盛り上がらいように操作されているかのようです。

それらを打開するには、政治家や行政に任せるのではなく、波動の高い者たちが勝手に楽しむしかないのです。そうやっていくうちに100匹目の猿現象でだんだん世界は変わっていきますから。

波動を高めるのも低めるのも、すべては自分の意識次第です。自分の意識次第で良くもなれば悪くもなります。それがプラシーボ効果って言われる効果であるのですが、実はれっきとした純粋な効果です。

今の社会からの洗脳から自らを解放し、アファメーションしたら、やる気スイッチをONにして、ワクワクすることを優先して行動しましょう。我欲を捨てて楽しみましょう。

大丈夫!何も心配はいりません。宇宙が後押ししてくれますから。

※この記事が少しでもよかった、役に立ったと思っていただけたなら、フェイスブックやツイッター、ブログでシェアしてください!

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ