グラウンディングで母なる地球と繋がろう!

grounding-a-go-go9999-compressor
LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

こんにちは、takumiです。

今回は、夏にぴったりの「グラウンディング(Grounding)」について書きたいと思います。

最近はアーシング(Earthing)って言い方をしますが。。。

グラウンディングって何?

グラウンディングとは、文字通り地に足をつけて動揺しない状態、自立した状態をいいます。
僕はテレビはほとんど観ないのですが、ネットや本でいろいろな情報を収集しています。スピリチュアルなことから食や農業など、現実問題に関係した情報を見たり読んだりするのが好きです。ただ、情報とは、やはり頭で考えたりすることが多いため、頭でっかちになったりしがちなんですよね。

また、自分の中ではある程度『芯』や『軸』というものがあり、ブレない自信はあるのですが、どうしても新しい情報を目にしてばかりいると、ブレてしまうおそれも無きにしもあらずです。

そこで、役に立つのが「グラウンディング」です。しかも文字通り芝生を裸足で歩くという原始的(笑)な方法で行っています。早朝にやると目が覚め、気分も冴えて最高ですよ。

グラウンディングのメリット

グラウンディングを行うと、さまざまなメリットがあります。例を挙げると、、

  • 地に足をつけた状態で現実を生きる事ができる。
  • 気分が冴える。
  • 集中力がつく。気力が充実する。
  • 精神的な落ち着きがつく。
  • 他人に振り回されたり外部の影響に左右されなくなる。
  • 一喜一憂しなくなる。
  • 宗教や思想にとらわれなくなる。
  • 何事からも自立し、何事にも依存しなくなる。
  • エネルギーをチャージできる。
  • ネガティブなエネルギーをデトックスする。
  • 「今ここ意識」を養うことが出来る。
  • PCやスマホで帯電した電磁波をアースしてくれる。

・・・などなど。いいコトずくめですよね。

スポンサードリンク

グラウンディングのやり方

グラウンディングの一般的なやりかたを説明します。

  1. まず、肩幅くらいに両足を地面につけて立ちます。イメージをハッキリとさせるためには目を閉じたほうがいいでしょう。
  2. そして尾てい骨あたりにある第1チャクラから出たエネルギーが足裏を伝わって地球の核にまで到達するようにイメージします。根を張るイメージでもいいでしょう。その際に、気の汚れなどのネガティブエネルギーを地球に吸い取ってもらいます
  3. その後その第1チャクラから伸びたラインを通して地球の核からエネルギーを受け取ります。
  4. 受け取ったエネルギーはハートの第4チャクラから全身に広がっていくとイメージします。

・・・以上です。

母なる地球(マザー・アース)と言われるだけあって、地球は寛大そのものです。ネガティブエネルギーを全部吸い取ってくれます。そして、強力なパワーを与えてくれます。グラウンディングって、精神的にも肉体的にもいいんですよね。

どこでやるかってことですが、場所は家の中でも出来ますが、初夏から晩秋にかけてのオススメは、文字通り地面に裸足で立つことです。
公園などの芝生の上や砂浜などが最適でしょう。それ以外でも野外で気持ち良ければいいと思いますよ。僕は、自宅から割に近くにある世田谷・砧公園の芝生広場に早朝、散歩がてら行ってます。
kinuta-park0726
公園の芝生を裸足で歩いたり木陰に寝そべったりして約1時間ほど過ごします。素足をお見せしてすいません(笑)。
grounding0726ww
マントラを唱えたり、ウトウトしたりして、とにかくボーっとしてゆ〜っくりと過ごします。そうすると、鳥や虫たちとともに生きている気がしてきます。
tentoumushi0726

 裸足で歩くってとっても気持ちいいですし、ストレスも癒えます。もし自分の家に庭があったら、芝生にして寝転がるのになぁ。夏はテント張って寝るのもいいですよね。星や月を見上げながらね。最高の贅沢ですよ。

スポンサードリンク

大地の気と触れる『Hug a Tree』

グラウンディングとは関係ないのですが、大地の気を感じるには木に触れてみるのもいいですね。木に手を巻きつけてハグをしてみてください。下の写真は普通の木ですが、巨木などがあったらもっとイイですね。

tree-hugging0726

そして「元気ですか?」って話しかけてみてください。もし身体がチクチクもしくはビリビリと感じたら、木が答えてくれたってことです。いやマジで(笑)。

聴診器を当てると大地から吸い上げたエネルギーでしょうか、「ゴーッ」という音が聴こえます。樹液というのは吸い上げる力が強いため、その発想から足裏樹液シートが生まれたとも聞いたことがあります。

地球に繋がって生きてゆく! – – – まとめ

地球と繋がって生きてゆく!とアファメーションし、大地に裸足で立ちます。

すると、大地のエネルギーをチャージして、ドロドロのネガティブエネルギーを吸い取ってくれます。PCやスマホの見すぎで帯電した電磁波もアースしてくれます。

これを出来るだけ続けていけば最強です。僕も時間があれば公園に行っていたいほどですが、実際は週に2、3回行っています。隣に区民プールがあるのでついでに行くこともあります。

これ以上気軽にできるデトックスもないでしょう。公園ではキャッチボールやバドミントンも楽しいですが、是非とも、ゆっくりとグラウンディングも楽しんでみてください。

創造主である父なる宇宙(天)と母なる地球(地)と人間(人)が三位一体となりましょう!

また、アーシングに関する本が出ていますので興味のある方はどうぞ。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. とても 素晴らしい記事ゆえ コメントいたしました
    グラウディング=アーシング
    その記事と ツリーハグが両立している
    継続体験者として 記事内容に とても 共鳴しました

    人間の身体を コントロールしているもの=生体電子
    そういう側面から 考察してみても
    この グラウディングの有用性は 大きい・・と それ以前の 自身の身体と
    丸2年以上 継続してからの身体を 省みても そう思います

    けれど 都心部の公園で 裸足・・は 中々 勇気居るのは事実です
    南インドの片田舎で アーシングをしていても 
    「お前 靴買えないのか?」でしたから
    都心部だと あの 奇異な視線を 乗り越えないと・・又は 屋内機器を使うのか?

    三位一体 とても 共鳴しています
    良き記事 有難うございました!

  2. takumi のプロフィール写真

    一連様へ

    コメントありがとうございます。
    One管理人のtakumiです。

    グラウンディング、大切ですよね。
    この世はいらぬ電磁波や加工食品なんかでミトコンドリアが
    悲鳴を上げていますからね〜

    アース出来る靴を作れないものかと考えたりします^^

    また、一連様のブログを拝見いたしました。
    共鳴できる記事もあり、すばらしいブログだと思いました。
    いろんな体験を通して記事を書かれているなと。

    僕も、もっともっと書かなきゃですね(汗)

  3. takumi様
    確かに 電気質は 現代生活では過剰ですね
    電子レンジやら ・・・ けれど 便利なモノは 多分消えない 手放せない
    なら? 電気質を 最大限身体から 出来るだけ 抜く方法として
    アーシングは最適だと 二年間継続してみて 体感を掴みました
    自作ですが 屋内もアーシング環境にして以降 更に・・・です 笑)
    アーシングシューズは 少しずつ 市場に出てきてますねぇ けれど アスファルトだと・・・なので
    やはり 屋外(都心部に出かける際) = 公園の片隅で 白い目に耐えながら 笑)
    歩く 又は ベンチにて 放電と充電をしています
    Blog観て頂き有難うございました
    One の HP構築を ここまで しっかり 作り込められているのですから
    充分&とても 判り易く 共鳴する部分多々・・にて 
    今年やっとのコメント・・になりました(閲覧し始めているのは2015年年始ですから)
    サンゲージングは 直近 ツイッターにて 医者の人から 「馬鹿扱い」されてしまいましたが
    丸三年間 朝陽だけではなく 観れる時間 全て・・で 続けていても 失明しない 目の障害もない
    得られるものは多々 医者と言う 知性があるのなら 馬鹿の前に 何故?失明や障害がでないのか?と 問いて欲しかった・・と 悲しい想いをしています!
    頭より 身体の方が 地球を含めた 目に見えない部分の力を 素直に受け入れ 活性していくのですが・・悲)
    取りとめない 文面ですいません 苦笑)

  4. takumi のプロフィール写真

    一連様

    コメントありがとうございます。
    One管理人のtakumiです。

    アーシングはホント、大事ですよね。
    全ての電化製品にアース付きコンセントを義務付ければと思います。
    ヨーロッパやなんかみたいに。

    電磁波は絶対に現代人の肉体を停滞させています。

    目に見えないモノをもっと知らないと日本だけ
    取り残されますよね〜。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ